• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モニターツアー  ~第3弾~ 【バリ島 女性ひとり旅 2泊3日ツアー】 ( ザ・ヘヴン・スミニャック 泊) に、ご当選されたお客様より、写真付きのレポートを頂きましたので、全文ご紹介させて頂きます*

詳しくレポートを書いて頂いたので、1~3日目と、分けてお届け致します。

 

今回ご当選された方は、なんとプロの漫画家さんです♡

GoGo BALI の為に、オリジナルの漫画も作成して頂けるということで、完成次第、そちらもご紹介致します♪

是非、お楽しみに!!

 

◆ つづき萌重さん (漫画家) の公式ブログはコチラ → 「もえ・萌重日記」

 

今後の ★ モニターツアー ★ も、是非お見逃しのないように・・・!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へPlease Click Here !!!!

 

モニターツアー ~第3弾~ 【バリ島 女性ひとり旅 2泊3日ツアー】 ( ザ・ヘヴン・スミニャック 泊) 体験レポート

 

◆ツアー参加日時 : 2016年1月21日~1月23日

◆旅行日程 : 2016年1月21日~1月28日

◆参加者データ :

お名前 : つづき萌重 (もえ)
居住地 : 日本 (奈良)
職業 : 漫画家、イラストレーター
渡バリ歴 : 12回

 

◆ツアー参加の理由:

サイトを見た知人から、「バリ島 ひとり旅のモニターを募集しているよ」 と教えてもらい、興味を持ちました。

豊かな緑や南国の花があふれる、明るく強い日差しと輝く海、美しい棚田。

独特のエキゾチックな音楽や踊り。

日本とはまた違う、オシャレなショップやカフェたち。

伝統的 または、最先端の美味しい料理が食べられるレストラン。

癒しのスパ、現地の人の明るい笑顔・・・

 

一度バリ島に行って以来、すっかりバリ島の魅力にハマってしまい、今まで何回か行ったことがあるのですが、ひとりで旅をしたことはありませんでした。

一度ひとりで、じっくり旅をしてみたいなぁ、と思いつつも、なかなか実行する勇気がなくて・・・。

 

だけど、このツアーなら安心して、女性ひとりでも参加出来そうで、ひとりならではの過ごし方も堪能できるのでは・・・ と感じたので、思い切って応募してみました。

今まで観光はしたことがあるので、観光は省いて、日常を忘れ、時間を気にすることなく、気ままに好きなことをして過ごす・・・ そんな、プチ贅沢なバリ島の旅をご紹介出来たらいいなと思います。

 

◆利用航空便:

行:エアアジア 関西 (XJ611) – バンコク経由 (FD396) – デンパサール

帰:エアアジア デンパサール (AK379) – クアルランプール経由 (D7 532) – 関西

 

 

【バリ島 1日目】

11:15 デンパサール空港着

この二日前ぐらいに、バリ島でテロを起こすと言っていた犯人が、ジャワ島で捕まったというニュースを見たので、検査が厳しくなって、空港を抜けるのに時間がかかるかも・・・ と思っていたのですが、そんな話は無かったかのように、デンパサール空港は穏やかな雰囲気でした。

数年前から実施されていた到着ビザも、去年無料化されたので、手続きが省略されて、驚くほどすんなりと空港を出ることが出来ました。

 

◆ ビザの無料化の詳細はコチラ → 【インドネシア観光ビザ US$ 35】 ※免除開始の詳細 & 注意点

 

出口では、分かりやすいウェルカムボードを持ったガイドさんが、笑顔で待っていてくれました。

運転手さんと合流して、車に乗り込み、ザ・ヘヴン・スミニャック へ・・・。

 

GoGo BALI のガイドさんは、日本語が話せる方なので、何の心配もありませんでした。

ガイドさんによると、今は雨季だというのに、北の山間部はともかく、南の街の方では、もう1週間以上、全く雨が降っていなくて、バリ島は水不足気味なんですよ・・・ との事でした。

確かに、ジメジメしたところはなくて、照りつける太陽がカラッとして眩しい。

 

それから、お正月も終わったところなので、バリ島は今、日本のお客さんがとても少ない。

旅行者が少ない閑散期だから、車も渋滞してないので、2年ほど前に出来たバイパス (有料の海上高速道路) は、通らずに行きますね・・・ と。

あとで知ったのですが、有料と言っても、100円くらいだそうなので、話のタネに通ってもらえば良かったかなぁ・・・ と思いました。

 

ガイドさんと他愛もない会話を楽しみながら、思ったよりも早く、ホテルに到着。

 

 

12:00 ザ・ヘヴン・スミ二ャック に到着

ホテルへのチェックインは、ガイドさんが全て手続きをしてくれました。

パスポートとクレジットカードを一旦預けるのですが、ホテル側で番号などを控えたら、すぐに返却されました。

 

ウェルカムドリンクは、ロビー横のレストランで、いつでも好きな時間に飲めるようにチケットで頂きました。

ロビーが狭く座席が少ないからかもしれませんが、あとでゆっくり落ち着いて飲めるので、ウェルカムドリンクのチケット制は、嬉しかったです。

 

あっという間に手続きも終わり、心ばかりのチップをお渡しして、ガイドさんと運転手さんとは、ここでお別れです。

 

次は、ホテルスタッフさんに案内されて、4階の部屋に向かいました。

私の部屋は、ロビーの真上に位置する、HEVEN ROOM だったようですが、ひとりで宿泊するのには、広すぎる部屋と大きなベッドでビックリしました。

ベッドルームとは別に、リビングルームまでついていました。

これは、もし二人で使ったとしても、結構な広さです。

スミニャックのような都会で、この広さのホテルで過ごせるのは、かなりの贅沢!

 

シャワールームとは別に、大きなバスタブもついていて、ありがたいです。

そして、バスタブは、オープンスタイル!

日本では考えられない解放感に、早くも南国に来た気分が盛り上がりました。

部屋は、床が大理石、ベッド横のバスタブから先の壁もすべて大理石という、とっても落ち着いた高級感漂う造りです。

4階のベランダから見える景色も、ビーチは見えないものの、たくさんの緑とプールが見えていて、すっかりリゾート気分。

この景色だけ見ていたら、とても街中のホテルとは思えない優雅さです。

 

 

13:00 スミニャック散策

お腹も空いていたので、さっそくホテルを出て、両替とランチに。

徒歩圏内の 「漁師」 という日本食レストランの斜め前あたりに、両替所 (バリ・マスピンジンラ BMC) があるので、そこで両替をしました。

 

そして、その近くにある 「ja‘an」 というカフェで、サテの盛り合わせとレモネードを頂きました。

豚肉と牛肉と鶏肉の3種類のお肉に、ほんのり甘いピーナッツソースが絡まっていて、これぞバリ島の味!

ニンニクで炒めた空芯菜も、とっても美味しかったです。

 

 

14:00 ホテルにて

今回の旅は、「女性ひとり旅ならでは」 「スミニャックならでは」 の、とことんショッピングとスパ!足の先から頭の先まで綺麗になりたいと思ってやってきました。

ということで、ホテルに戻ると、日本から持ってきたガイドブックに載っていたジェルネイルをしてくれるお店に、さっそく予約の電話を入れてみました。

・・・だけど、まったく通じない!?

すっかり困り果てたところ、ふと、このホテルには日本語ができるスタッフがいることを思い出し、ロビーに行って、日本語が話せるスタッフを呼んでもらうことにしました。

 

Erna (エレナ) さんという、若い女性スタッフが来られたので、事情を日本語でお話したところ、エレナさんが、代わって電話をかけてくれることになりました。

それでも、やっぱり通じない。

どうも、電話番号が変わっている様子。

 

そこで、日本から持って来ていたタブレットで、お店の電話番号を検索。

ザ・ ヘヴン では、ロビーやレストラン、部屋でも、Wi-Fi は快適に繋がりました。

おかげで、サービスでついていた30分のインターネットコーナーは、まったく使いませんでした。

新しい電話番号が分かったので、再度電話をかけてもらったのですが、残念ながら、すでに予約がいっぱい。

 

だけど、どうしても今日、ジェルネイルがしたい!

そこで、エレナさんに、この近所で良さそうなジェルネイルのお店を教えて欲しいとお願いしてみました。

すると、なんとホテルのすぐお隣りに、ジェルネイルをやってくれる、良いお店があるとの情報が。

さっそく行ってみることにしました。

 

お店まで、わざわざご一緒してくださった、笑顔が素敵なエレナさん。

ご親切に色々と、ありがとうございました!

 

 

15:00 またスミニャックの街へ

ホテルのすぐ横の 「ANGGITA SPA」 へ。 (ここでは、英語とインドネシア語しか通じませんでした)

いわゆる、ヘアカットからマニキュア、マッサージまでやってくれる町スパです。

 

そこでは、バリ式のジェルネイルというものを、手と足の爪にしてもらいました。

二人がかりでやってくれたので、30分位で、あっという間に終わり。 綺麗に仕上げてもらいました。

結局、バリ式ジェルネイルというものが、どういうものか、はっきり分かりませんでしたが、どうやら通常のジェルネイルとは違って、1色塗りしかできないジェルのようです。

お値段も足と手それぞれ、18万ルピアほどで、日本でしてもらうジェルネイルよりも、はるかにお安い。

 

爪も綺麗になったところで、お店の人にオススメされて、ついでに1時間ほど、全身指圧マッサージも受けることにしました。

普段のデスクワークと、長時間飛行機に乗ってきたので、かなり身体がこっている。

1時間10万ルピアぐらいの安いお値段だったので、技術的にあまり期待はしていなかったのですが・・・。

それが、とっても上手い! 効く!!

ここのマッサージをしてくれた女の子たちは、なかなか腕が良いようです。

ホテルのスタッフさんにオススメしてもらって良かった! すっかり気に入ってしまいました。

 

このあとは、近くにある、「ビンタンスーパーマーケット」 というマーケットにお土産を買いに行きました。

このマーケットは、中も広い!

そして、お土産から日用品までの品揃えが、素晴らしい!!

友人のお土産から、自分が欲しかったものまで、ほとんど全て、ここで揃ってしまいました。

あまりにも楽しかったので、ホテルから5分ほどの距離ということもあって、このマーケットは、最終日にもまた行ってしまいました。

 

ちなみに、町スパの隣にあった 「silverberry」 というシルバーアクセサリー店でも、ネックレスを買いました。

買った物は、また最後にご紹介したいと思います。

 

 

17:30 ホテルへ

ビンタンスーパーマーケットを出たら、なんと雨!!

ガイドさんが、雨季なのに1週間以上、全く雨が降っていないと言われていた雨が、今まさに!

バリ島にとっては、久しぶりの恵みの雨だったようです。

まさか降るとは思っておらず、傘を持っていなかったのですが、数分の距離なので、タクシーに乗ることもはばかられてしまい、結局、雨に濡れながら歩いて帰ってきました。

 

そして、部屋で軽くシャワーを浴びて着替えて、晩ごはんに出かける準備をしました。

下の写真は、ホテルの入り口にあるレストランを外から見たものと、ロビーから眺めたプールです。

 

 

19:00 レギャンの街

数年前に、ご縁があって知り合ったバリ島在住の日本人の方と久しぶりにお会いし、オススメのお店に連れて行ってもらいました。

行ったお店は、レギャン通りにある老舗のジャーマンレストラン 「ママス」 です。

ソーセージはもちろん、ローストチキンもポテトも美味しかったです。

 

そして、何と言ってもドラフトビール!!

バリ島で飲むビンタンビールは、気候に合っているのか、最高に美味しかったです!

レギャンの街は、レストランが立ち並び、夜遅くまで、とっても賑やかでした。

 

 

 

1日目は、ここまでとなります。

ザ・ヘヴン・スミニャック 内のお写真や、街歩きの様子など、詳しくご紹介頂きありがとうございます*

2日目は、5時間のスパコース体験や、ツアー特典の無料ディナーなどが登場します!!

是非、お楽しみに・・・☆

 

◆ モニターツアーでご宿泊頂いたホテルはコチラ → ザ ヘヴン スミニャック / The Haven Seminyak

 

◆ つづき萌重さん (漫画家) の公式ブログはコチラ → 「もえ・萌重日記」

 

 

GoGo BALI がご提供する、大変お得な ★ モニターツアー ★です。

bnr_tocntct02

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へPlease Click Here !!!!

みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへPlease Click Here !!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
55bali

55bali編集者

投稿者プロフィール

バリ島と日本を繋いで38年の老舗旅行会社ラマツアーズだからどこよりも早く最新のお得な限定キャンペーン、現地発格安チケット、最新情報を掲載していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. IMG_0072

    GoGoBALI限定【バリ島観光】滝とバビグリンと寺院巡りの最新ツアー

人気記事

  1. 49758_16060212360043051584
  2. 2017_04_05_24659_1491390134._large
  3. 7

最新の記事

  1. resort-view
    バリ島には数々のホテルがありますが、ファミリールームを完備した、お子様連れの家族に特にオススメなのが…
  2. IMG_9019
    GoGo BALI をご利用頂き、誠にありがとうございます!!! 沢山の旅行会社がある中で、GoG…
  3. IMG_1279
    バリ島旅行の最終日、何をして過ごそうか悩んでいる方にオススメしたい、ヴィラ滞在型のスパをご紹介致しま…
  4. IMG_0638
    日本からバリ島旅行に来る時、ブランドホテルの高級感や安心感を求める旅行者は多いと思います。 た…
  5. 2012-08-01-23-04-46_0098
    バリ島在住者やリピーターさんならご存知の、マンダラ ケイコさんが、今年も東京で個展を開催されるそうで…
  6. baggage-page-banner
    最近日本に一時帰国していた上司が体験した、インドネシア国内の空港を利用する際の注意点です。 国際線…
  7. PKB2018-baliartsfestival-1 - Copy
    バリ島最大のイベント「バリ・アートフェスティバル 2018」がスタート! フェスティバルの期間は、…
  8. TELKZ4
    期間限定の、超お得なスパ情報です!By カユマニス グループ カユマニスグループは、バリ島内で展開…
  9. 8645024_40_z
    この度、近畿ツーリスト×デヴィ夫人のコラボ企画で、2018年の8月に、超ラグジュアリーなインドネシア…
  10. IMG_8968
    2018年は、インドネシアと日本が国交を樹立して60周年! この、60周年という記念すべき節目の年…

リンク 安全対策

ページ上部へ戻る